不妊症と漢方

不妊症と漢方薬とは?

不妊症と漢方薬とは?

妊娠しやすい体をつくらなければなりません。

その妊娠しやすい体つくりを手伝ってくれるのが漢方薬です。

まずは体を整えるのが一番です。

からだを整えることによって良い卵子を作り、受精卵となった卵が着床するふかふかのベットを作らなければなりません。精子と出会って授精したのにも関わらずふかふかのベットがなければ卵が育ちません。

男性でも良い精子が作られます。
体を整えることによって妊娠の確立もあがります。

不妊治療する際にも漢方薬は有用!!

病院に行って不妊治療する際にも漢方薬は有用です。
体外受精などの不妊治療をしたとしてもふかふかのベットがなければ卵が育ちません。

なんといっても体を整えなければ授かるものも授からないということです。
また副作用も軽減できるでしょう。

体外受精を何度も失敗した方が月経のリズム、体を整えることですんなり成功した例は沢山あります。

「ショウキT-1」たんぽぽ茶

うちでは「ショウキT-1」というたんぽぽ茶があります。
よく耳にするたんぽぽ茶とは違います。

たんぽぽはホルモンバランスを整えて、ホルモンレセプター(受容体)を増加・活性化するといわれているのですが、その有効成分を抽出して濃縮しています。また、体にたまった毒素も外に排出してくれるのでさらに妊娠しやすい体つくりができるでしょう。

まずはご相談ください。

コメントを残す

*